住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 住宅ローン返済の「知恵」!!
住宅ローン返済の「知恵」!!

住宅ローンを返すのに「得をする」方法は『返済総額を減らす』ことが一番です。このことをまずは念頭においてください。

そして『返済総額を減らす』ためには「頭金をできるだけ用意する」「返済期間を短くする」「利息部分を抑える」という手段が考えられます。

住宅ローンには「頭金をできるだけ用意する」ということは、とても有効です。頭金がゼロでも借入れができる住宅ローンもありますが、そうしたローンを利用する人は「自分の計画性のなさ」を改める必要がありますので、できるだけ「頭金は少しでも多く準備する」ことを心がけてください。

頭金は「購入物件の最低2割は必要」と言われますが、実際には物件価格以外にも、手続きのための諸費用などもかかります。

2割「だけ」を用意するのではいけません。また返済期間を短くするためには、繰上げ返済が推奨されてきました。これは確かに正しいのですが、繰上げ返済ブームのようなものに乗って、手元の生活資金を削ってまで住宅ローンを返済する、という風潮が生まれたことは非常に残念です。

何が起こるかわからない現代では、少なくとも半年から1年半くらいの生活費、不測の事態に備えての貯蓄などを確保した上で、余剰資金で繰り上げ返済を行うことが、推奨されています。

また利息部分を抑えるためには、住宅ローンを低金利のものに借り換えるという方法や、買い替えローンの利用など、方法はあります。

このときも「目先の返済金額を抑える」ことが目的ではなく、あくまでも『返済総額を減らす』ことをメインの目的として、借り換えるローンを選んでくださいね。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.