住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 住宅ローンの「つなぎ融資」活用法
住宅ローンの「つなぎ融資」活用法

住宅ローンは「住宅を取得するために利用できるローン」です。基本的には「土地のみ」の購入には住宅ローンの利用はできませんが、土地を買って新築住宅を建設する場合には、住宅ローンの利用ができます。

ただし、既に建築が終わっている住宅を購入するのと、これから新築住宅を建てるのとでは、住宅ローンの利用の流れが異なります。

住宅の建築には「着工金」「中間金」を支払うことが必要となります。これらの費用を、金融機関から借入れしたい場合には、住宅ローンそのものではなく「つなぎ融資」を利用することになります。

つなぎ融資を借入ている間は、金利のみの返済をし、建物が完成して引渡しが行われる際の住宅ローンで、つなぎ融資の精算をするということになります。つなぎ融資を利用することで、新築の住宅を手に入れるための資金繰りがしやすくなる、というメリットがあります。

一方で、借入ているという事実が心に負担になったり、金利の支払いが生じるといったデメリットもあります。また、つなぎ融資は、金融機関によってはサービス提供の無い場合があります。

つなぎ融資を利用してまで、大きくて立派な住宅を手に入れるか?あるいは「そこまでしなくても・・・」と住宅に対する希望を見直すか?よく考えることが必要です。

また昨今の不況で「建築をお願いしていた工務店が倒産する」といったことも、起こりえます。このことに備える場合には、「すまいと」や「日本住宅保証検査機構 安心ローン」など、利用できる金融機関が限られていますが、安心度の高いサービスを利用するという方法もあります。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.