住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 住宅ローンは「人」を見て貸す
住宅ローンは「人」を見て貸す

住宅ローンを利用したい場合には「どんな人が借りるか?」「どんな家を購入する予定か?」の審査を受けて、通過することが必要となります。まず「人」のどんなところを見られるのかをお話しましょう。

保証会社の保証を受けられる人かどうかや、団体信用生命保険に加入できるかどうか(健康かどうか)もチェックポイントとなります。

住宅ローンは返済総額が多額で、返済期間も長いため「本当に返す気があるか?」をチェックされます。実際に返済が始まってみないとわからない、とも言えるのですが、金融機関もそんなのんきなことは言っていられません。

たとえば「過去に延滞の履歴があるか?」をチェックすることで、その人の「真面目さ」を審査することができます。

また「他の借金がどのくらいあるか?」ということも、「計画性のある人かどうか」を審査するポイントとなります。他に借入れがあるという理由だけでは、「即刻、審査に落ちる」ということはありません。しかし、借入れのできる金額(住宅ローンの融資限度額)が変わってくることもあります。

カーローンをはじめとする借入れが、他にもある人はなるべく返しておきましょう。さらに「現在の勤務を止めずに、働き続ける意思がある人か?」も見られます。

あまりにも勤務先を何度も変えている人は、住宅ローンの利用ができづらくなるでしょう。転職をしている場合でも「よりよい勤務先へ」の転職に成功している人ならば希望があります。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.