住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 住宅ローンを組んで「いくらの家を買う」?
住宅ローンを組んで「いくらの家を買う」?

住宅ローンを組むには「いくらの家を買いたいか」を考える必要があります。そのためには、数値計算も大事ですが、まず「実際に家を買いたい地域まで出向いて、どんな家が建っているか見る」ということをお勧めします。

自分の理想と現実には、ギャップがあるかもしれません。また「妥協する」のではなく、家を買いたい地域を変えるとか、家の造りを見直してみるとか、ギャップを埋める「努力をする」ことも必要です。

そうして「いくらの家を、どこに買って、どんな風に暮らしたいか」を考えてみましょう。そして「今の収入で用意できる頭金は?」「月々の返済はどのくらいできるか?」などをチェックしていく必要があります。

住宅ローンの返済は「必ず返済してみせる!!」という意気込みが必要ですが、それだけでは駄目で、本当に返済できる額に設定して、息長く返済し続ける必要があります。

住宅ローンの返済にあてる(あてることのできる)金額として「月収の20%まで」を目安とするのが、一つのセオリーとされています。これより多ければ生活が苦しくなります。これは賃貸住宅に住んで家賃を払う場合も同じです。どんなに多くても25%までに抑えることがよいでしょう。

さらに、ボーナス月に多額の返済をするという方法も、かつては便利とされてきましたが、ボーナスがカットされることの多い現代は、そのような返済方法はリスクを伴います。

頭金は「購入物件の最低2割は必要」と言われますが、実際には物件価格以外にも、手続きのための諸費用などもかかります。2割「だけ」を用意するのではいけません。多く用意できるなら、できるだけたくさん用意すると良いでしょう。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.