住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 繰上げ返済のメリット・デメリット
繰上げ返済のメリット・デメリット

住宅ローンをこれから借りる人は「できるなら早く返してしまいたい!!」とお考えでしょう。その考えは間違いではありません。住宅ローンの繰上げ返済が一種のブームとなった時期があります。

銀行などの金融機関や、ファイナンシャルプランナーなどの「お金のプロ」たちが「バブル景気のときに、高い金利で住宅ローンを組んでしまった人」を対象に「返済総額を抑えましょう!!」と呼びかけたのが、ブームの始りです。

ただ、この風潮が行き過ぎた面もあり「生活資金を削ってまで、繰上げ返済にあててしまう」という人も現れました。

最近は、私たちファイナンシャルプランナーも「半年から1年半分くらいの生活費や、不時の出費への備えができているなら、余剰資金で住宅ローンの繰上げ返済をしましょう」とお勧めしています。

繰り上げ返済自体にも、手数料などがかかりますので、メリットとデメリットのバランスを良く考える必要があります。最近「住宅ローンの借り換え」もブームのようになっており「繰り上げ返済まではできないけれど、低金利のローンに借り換えることで、返済総額を抑えよう」という動きもあります。

消費者がこのように、自助努力をする風潮は、本当に歓迎すべきことです。ただ、借り換えに関しても、繰上げ返済と同じで「ブームに乗りさえすればいい!!」のではないことを、よく考えてください。

ファイナンシャルプランナーとしては「住宅ローンの繰上げ返済、借り換えは落ち着いて考えてくださいね!!」「どうか、専門家(弁護士、税理士、ファイナンシャルプランナーなど)に相談してくださいね!!」とお話したいのが、本当の気持ちです。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.