住宅ローンの基礎知識

住宅ローンを考えよう!

住宅ローンを考えよう! > 住宅ローンと団体信用生命保険
住宅ローンと団体信用生命保険

住宅ローンは返済額が大きく、返済に時間もかかります。そのため、民間のローン会社や金融機関は「住宅ローンを利用するなら『団体信用生命保険に加入できる』ことが要件」と定めている場合が多いです。

団体信用生命保険とは、ローンの利用者が死亡たり、疾病や怪我などにより高度障害をおってしまった場合に、その保険金を住宅ローンの支払いにあてることで、遺族・家族の負担を減らすことができる、という仕組みです。

団体信用生命保険の加入は絶対的な条件ではなく、任意加入としているところもありますが、病気や怪我はいつ降りかかるかわからないことですので、健康な人は団体信用生命保険に加入して、住宅ローンを利用するとよいでしょう。

団体信用生命保険の保険料は、住宅ローン返済額の「金利」部分から支払われることが多く、別途負担をする必要はありません。団体信用生命保険の加入は、住宅ローンの利用開始時に限られており、返済途中からの加入はできません。


また脱退はできますが、いったん脱退した場合の再加入はできません。

団体信用生命保険の加入は、健康状態の告知が必要です。告知内容によっては加入できないこともあります。

もしも、怪我や事故、病気などで「住宅ローンは団体信用生命保険で債務を返済できたけれど、生活費などがとてもかかってしまい、マイホームの維持が難しくなった」という場合には、一人でなんとかしようとせず、是非とも専門家にご相談ください。高度障害や難病には、様々な助成制度がありますし、グループホームなどの入居のほうが、マイホームに住み続けることよりも、身体の機能の回復につながるというケースもあります。

今から住宅ローンを組んで、新しい家を購入しよう!!という人には、縁遠い話と感じられるかもしれませんが、大切なことですので「万が一の場合、住宅ローンはどうするか」を、健康なうちに話し合っておいてください。

Copyright ©  住宅ローンの基礎知識 All Rights Reserved.